ART & SOCIETY RESERCH CENTER

A&S Management

PROJECT 013
コミッション・プロデュース

飯田市の原風景|新たな裏界線を市民とともに創るアートワーク

新たにできた文化施設は、市民の文化活動を支えると同時に、地域の文化を内外に発信する場所となります。この飯田市川本喜八郎人形美術館+文化ホールのためのアートワークは、地域独特の風景、現代の裏界線を生み出すことをめざしたプロジェクトです。そのために制作のプロセスに多くの市民、児童が参加したワークショップをおこない、自分たちの文化ホールに故郷の原風景が創り出されたました。

プロジェクト名 飯田市文化ホールアートワーク
アーティスト フセイン・ゴルバ
素材 大谷石、川石、タイル、水、植栽
サイズ 50mの遊歩道、小広場
主要用途 人形美術館、文化ホール
制作年 2007年
所在地 長野県飯田市
建築名称 飯田市川本喜八郎人形美術館
クライアント 飯田市
建築設計 山田富章都市建築設計事務所/日建設計JV
建築施工 吉川建設(株)
アート・ディレクション 箱根 彫刻の森美術館、清水裕子(SDC在籍時)
詳細PDF PDF飯田市文化ホールアートワーク
CONTACT US
プロジェクト、事業に関するお問い合わせはこちら