ART & SOCIETY RESERCH CENTER

A&S Management

PROJECT 002
コミッション・プロデュース

再開発で失われる街の歴史を残すパブリックアート

再開発事業により、もともとそこに生活していた人びとの家や商店がなくなり、街の歴史が失われてしまうことは、都市のひとつの社会問題といえます。
そのアプローチは、街の歴史が記述された「記念碑」や「石碑」をつくることではありません。このプロジェクトでは、そんな街の記憶をアートワークとして残す試みです。「過去」をテキスト形式で残すのではなく、この地で生活する子どもたちが参加して街の「未来」を描いていきました。
ワークショップを通して、周辺の小学校生徒たちとアーティストによる「街の未来像」の形を創造し、その形をグラフィック3Dでリアルな姿に変えていきました。子どもの豊かな創造力により、ここにしかない街の姿が、参加者全員の意見によって生み出されて行きました!

プロジェクト名 仙台市長町駅前第一地区第一種市街地再開発事業
アーティスト 中村 哲也+桑名大伸
素材 セラミック
サイズ W5m×H2.5m
主要用途 複合施設(公共施設・住宅施設・商業施設)
制作年 1999年3月
所在地 宮城県仙台市
クライアント 長町再開発組合
建築設計 株式会社 久米設計
建築施工 大成建設株式会社
アート・ディレクション 工藤安代 (Town Art Co.Ltd.在籍時)
ワークショップ 開催場所:仙台市長町小学校 対象:4年生(1~4組)
※詳細はPDFをご参照ください
詳細PDF PDF仙台市長町駅前第一地区第一種市街地再開発事業
CONTACT US
プロジェクト、事業に関するお問い合わせはこちら