ART & SOCIETY RESERCH CENTER

A&S Management

PROJECT 042
プログラム・マネジメント

『葉山芸術祭データブック1993-2015』完成記念イベント|プレ・アーカイブとしての「データブック」

アート・プロジェクト「葉山芸術祭」の23年間の活動の概要をまとめた『葉山芸術祭データブック1993-2015』(「相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL)、NPO法人アート&ソサイエティ研究センター:編集協力」の刊行を記念し、データブック制作の経緯を振り返り、アート・プロジェクトの記録を残すはじめの一歩になるようなプレ・アーカイブとしての「データブック」の可能性を探ったトークイベントです。

プロジェクト名 『葉山芸術祭データブック1993-2015』完成記念イベント
アーティスト 登壇者| 松澤利親(相模湾・三浦半島アートリンク(SaMAL))、 兼子朋也(関東学院大学人間共生学部、Hayama Art Festival Studies) 、井出竜郎、青木彬(P+ARCHIVE)、ゲスト|伊藤裕夫(日本文化政策学会理事) モデレーター|工藤安代
日程2016年04月15日
場所アーツ千代田 3331 1F ラウンジ
定員30名
主催特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター
共催関東学院大学|平成 28 年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業
協力Hayama Art Festival Studies(HAF)
▸詳細PDF
CONTACT US
プロジェクト、事業に関するお問い合わせはこちら