ART & SOCIETY RESERCH CENTER

A&S Management

PROJECT 048
コミッション・プロデュース

5人の若手アーティストによる創造的空間づくり|アートのある働く環境

一日の大半を過ごすオフィス空間にアートを取り入れることでさまざまな効果が期待できます。シビアなルーティンワークから社員の疲労やストレスを和らげたり、社員の感性に訴えかけ、創造的なひらめきを生みだすきっかけとなったり、アートのある空間は社員同士の交流の場となりコミュニケーションを深め、より良い職場環境へと導きます。

本プロジェクトでは社員とともに5人の若手アーティストを選出し、工場という無機質になりがちな空間にアートワークを展開しました。
作品と場の融合は相乗効果を生み、毎日行き来する「階段空間」、社員の憩いの場である「食堂」、活発な対話が展開される「会議室」がよりユーザー・フレンドリーでクリエイティブな空間にアートワークによって生まれ変わりました。職場空間にアートが介入したことで、社員一人ひとりのモチベーションを高めるだけでなく企業全体の価値を向上させ、企業と社員の絆を深めるきっかけとなることを願っています。

プロジェクト名 都内工場アートワーク
アーティスト 井上絢子、芝田知香、鈴木紗也香、長谷川由貴、原田郁
素材油彩、キャンバス、アクリル、ラメ、麻布、顔料、型染め型染め、ドローイング
サイズ130x162cm,60.6x50cm,53x33.3cm / 162x390cm / 112x145cm / 130.3x80.3cm / 100x155cm(原画)
アート・ディレクション 特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター
設置場所東京都内某工場
納入完了2017年5月
協力飯坂幸男、徳田慎一、千葉淳一、六田春彦
▸詳細PDF
CONTACT US
プロジェクト、事業に関するお問い合わせはこちら