ART & SOCIETY RESERCH CENTER

A&S Management

ABOUT

人びとにもっとアートを

アート&ソサイエティ・マネジメントは東京を拠点とし2017年に設立したアート・マネジメント・チームです。
メンバーの20年余にわたる実践の経験、国内外の事例研究、情報収集から得た知見にもとづき、
アートワークやプロジェクトの総合的な計画・実施やファシリテーションや持続可能なプログラムの立案・運営をおこないます。
行政や建築設計、都市開発、まちづくり関係者、民間企業、芸術団体、地域コミュニティなどと協働しながら、
アートによる多様な表現のプロデュースを支援します。

これらのプロジェクトを通じて、社会的課題に取り組むアーティストや市民参加の手法を発信し、
社会と芸術文化環境の向上に寄与することがアート&ソサイエティ・マネジメントの活動目的です。

member

Executive Director
清水裕子 Hiroko Shimizu

大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。南カリフォルニア大学芸術建築科パブリックアート研究科修士修了。公共空間のアート・ディレクション、彫刻公園の計画や実施監修に携わる。また美術館と関連展覧会を企画運営、カタログ制作や翻訳、執筆をおこなう。2003年に任意団体「アート&ソサイエティ」を設立。パリ、ユネスコ、パブリックアート会議報告、ECO-ART (Finland Pori Museum)などに執筆。

Creative Director
工藤安代 Yasuyo Kudo

多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業。南カリフォルニア大学芸術建築科パブリックアート研究科修士修了。埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程修了。アート・ディレクターとして行政・民間組織ためのアート・コミッションやプロジェクトを数多く企画・監修する。2003年に任意団体「アート&ソサイエティ」を設立。主な著作に『パブリックアート政策』等。2015年環境芸術学会「学会賞」を受賞。

Communication Manager
原田美奈子 Minako Harada

筑波大学芸術専門学群視覚伝達デザイン学科卒業。印刷会社に勤務し、商品カタログ、企業出版などの企画、プロデュース業務に携わる。その後、有限会社アートモールにて「20世紀の美術」「世界写真史」など美術関連書籍のピクチャーリサーチサービスに従事。2012年よりNPO法人アート&ソサイエティ研究センターのスタッフに。アート・イベントの企画・運営、広告媒体やドキュメンテーションの編集・制作に関わる。

Project Manager
高嶋直人 Naoto Takashima

武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業。同大学造形学部彫刻学科黒川研究室清水多嘉示研究研究員。都内の他、札幌や仙台など各地の屋外彫刻やパブリックアートについて、市民活動の実践を交えながら作品の状態や活用方法などの調査を行う。ファーレ立川プロジェクトボランティアグループ、「ファーレ倶楽部」会員。屋外彫刻調査保存研究会運営委員。

Finance Manager
小澤典子 Noriko Ozawa

共栄火災海上保険株式会社で、事務職として損害保険業務に20年余り従事。2001年より都内特許事務所に勤務。長年パフォーミング・アートに興味を抱き、これまで鑑賞したプログラムは数え切れない。任意団体「アート&ソサイエティ」に初期メンバーとして参加し、09年当NPO法人設立時からは、経理業務及び内務事務全般を担当。

organization

特定非営利活動法人 アート&ソサイエティ研究センター
〒110-0005 東京都台東区上野3-13-9 原田ビル201
Tel: 050-5532-8732

CONTACT US
プロジェクト、事業に関するお問い合わせはこちら